香港観察記〜60日〜

2017/04/02

私は自らが経験しないと納得のいなかい人間です。

「やってみないとわからないじゃん」という危なっかしい性格で、

 

人から聞いたりすることを100%信じきらないので、

今までの人生、トライ&エラー×1000くらいです。

石橋を叩いて渡るタイプとは無縁。。。リスク管理は甘め←これ課題なり。

 

そんな私なので、28歳の香港チャレンジについて、周りはぎょっとしました笑

 

「収入の見込みあるの?」「今の家はどうするの?」「結婚考えてないの?」「駄目だったらどうするの?」とかね。皆心配してくれてるんだね、ありがとう泣

 

でもこれも私の性格だから、香港でチャレンジしたい!と思ったら、本当にそうなっちゃうのであります。

そして、なんとか事故事件なく、無事に過ごしております(これは周りに感謝!)

 

香港生活2ヶ月目に突入。

ほぼ28年間東京でしか生きてこなかった私。

驚きの連続で、カルチャーの違いをめちゃめちゃ楽しんでます。

 

① 人種のるつぼ!!

言わずもがなですが、とにかく多様性のある街!

ローカルなお店でも、スーパーでも、第一声は「Hello!」。

母語は広東語ですが、みんな幼稚園児くらいから英語を勉強するそう。

場所や人によって言語を使い分けている香港人は、バイリンガルが当たり前。

 

私は来る前に2ヶ月だけ広東語勉強してきたけど、、ほぼ使ってないという実態です笑。

 

 

② スピード感!!

早いんです。何もかもが!

まずはMTR(地下鉄)のエスカレーターに足を持っていかれます。

お店で料理が出てくるのが、’秒’の場合も。

そして何より、仕事上の決定、レスポンスが早いです!!香港人にTime is Money Right?って言われたことがあるくらい。笑

 

あ、でも逆に驚いたのは歩くスピード。

街中でスマホ片手にゆる〜く歩く人が多くて、渋谷スクランブル交差点にいたら迷惑な感じの歩き。笑

何もかも早いと思っていた香港人、ここは逆の発見でした。

 

③ 人は人!

なんです。この感覚、なかなか日本に住んでると持ちにくくないですか?

香港は国や言語の変化があった歴史的背景がありますよね。それがそうさせるのか、国に頼らず自分で生きて行くという感覚でしょうか。自分は自分、

周りを過剰に気にしない、そんな空気感。

 

例えば電車。通話OKなので、結構な声量で皆さん通話します。満員電車でも大きな貨物を持って乗り込んできたり、子どがもきゃぴきゃぴしていたり。東京の静かな車内とはかなーり異なります! They don’t careな感じは、周りを気にしすぎる日本と比べて私は意外と心地良いです笑

 

④ノーメイク率高し!

湿度100%も普通の香港。髪をコテで巻いても、まつ毛をビューラーであげても、簡単に落ちます。。やはり亜熱帯気候ですね。街で見かける香港女性は、メイクが薄いorすっぴん率が高いなぁと感じます。

四季があり、シーズンに合わせたファッションやメイクを楽しめる日本とは感覚が違うのかなぁなんて。

 

ちなみに私の仕事現場はクーラーガンガン、湿気が気にならないスタジオ撮影

が多いのですが、それでも、ほぼ絶対「つけまつ毛」をします!! 寝起き風メイクでさえ。

これは日本のモデルの感覚からするとちょっと驚きです!何よりも香港のメイクさんはつけまをつけるのめっちゃ上手です。

 

 

たかだか2ヶ月間滞在の私の感覚ベースであり、実際は人それぞれだと思いますが、ざっとこんな感じでしょうか。

 

日々、面白いことをたくさん発見して、皆さんにシェアしていきたいなぁと思います。

 

ご意見、ご質問はinfoまで☆

 

Mai.

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

COLUMN

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ
Please reload

​タグ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
MENU

- official website -